海外旅行ホーム > 海外航空券TOP > アメリカ合衆国 > ニューヨーク

条件を変更して再検索

 

出発地:

目的地:

出発日:

現地出発日:

           (2〜11歳)   (2歳未満)

大人

子供

幼児

座席クラス:
linkHolder

出発地:

目的地:

出発日:

removeHolder
出発地:
目的地:
出発日:
  • だから結局!海外航空券はH.I.S.の理由(ワケ)
  • 海外航空券+ホテル
  • 海外ホテル
  • オプショナルツアー
  • 「特典付き」航空券
  • 航空会社クチコミ情報
  • 航空会社 丸わかり!
  • ビジネス/ファーストクラス
  • 「海外発」航空券
  • カンタン旅程管理 マイトリッププラス

ニューヨーク 行き格安航空券

ニューヨーク行き最安値航空券(飛行機チケット)をご案内いたします。

料金内訳

ニューヨーク 基本情報

国旗/正式名称

アメリカ合衆国
United States of America

首都
ワシントン特別行政区 Washington, District of Columbia
宗教
キリスト教が主流。宗派はバプテスト、カトリックなどあり、都市によって分布に偏りがある。少数だがユダヤ教、イスラム教など。
言語
主として英語だが、法律上の定めはない。スペイン語も広域にわたって使われている。
気候
【ロサンゼルス】
気候の変化が少ないうえ、湿度が低く夏場もしのぎやすい。雨も夏場はほどんど降らない。夏は半袖でOK、冬もそれほど寒くならないが、時折寒波がくるので厚手のコートがあると便利。
【サンフランシスコ】
年中温暖な気候で、夏場は涼しく快適だが、霧の影響で朝晩冷えこむので上着は必要。冬は薄手のコートで過ごせる。雨は冬場以外ほとんど降らない。
【ラスベガス】
夏は大変暑いが、湿度が低く気温のわりには過ごしやすい。冬は日中は比較的暖かい方だが朝晩は氷点下まで冷えこむので注意。
【ニューヨーク】
夏の日中はとても蒸し暑いが、夜は気温が下がるので長袖は持参したい。冬は乾燥し、マイナスになることも多く寒さが厳しい。厚手のコートは不可欠だが、暖房も強いので調整できる格好を。
【フロリダ・オーランド】
6~9月が雨期。そのため湿度が高く蒸し暑い。夏は半袖で対応できるが、日差し強いので日焼け対策を。冬は肌寒い日もあるので長袖を持参するとよい。
【ボストン】
春は天候が変わりやすく1日の中で気温差もあるので、羽織れる薄手の服が一枚あると便利。夏は最も暑くなる7~8月でも30℃を超える日は少なく、朝晩気温が下がり肌寒く感じることも。秋は春同様、不安定な天気が続き、1日の寒暖の差も激しい。冬は最低気温は氷点下になることも多く、風が強く体感気温がグッと下がる。まとめて大雪がふることもある。
【シカゴ】
春・秋が非常に短い期間で、基本は夏と冬の2つの季節。夏は7・8月の平均気温が25℃を下回るものの、蒸し暑い日も多い。冬はとにかく寒く長い。平均気温がマイナスになる事も多く、年に数回は豪雪となることも。シカゴは風が強く体感気温は実際のものより低くなるので、外出時には注意。
【ワシントンDC】
春・秋は温暖で過ごしやすいが、1日の気温差がある為、羽織れる薄手の服があると便利。夏、7・8月の日中最高気温は平均30℃前後。高温多湿となる傾向で激しい雷雨が頻繁に発生することも。冬は低温となり、降雪量も多い。最低気温は12月~2月は零下1℃くらいになることもあるので十分な防寒対策を。
【シアトル】
夏は涼しく冬も緯度の割に寒くない。秋から春にかけては雨が多い。シアトルの夏は暑くても日陰にいれば涼しいと感じる程度であり、海水は年中冷たく基本的に泳ぐことはできない。夏でも朝晩は冷え込むことがあるので薄い上着が必要。
日本からのフライト時間
直行便の場合、成田からロサンゼルスまで約9時間50分、ソルトレイク・シティまで約10時間30分、シカゴまで約11時間30分、アトランタまで約12時間20分、ニューヨークまで約13時間前後、サンフランシスコまで約9時間30分前後、シアトルまで約9時間前後、ボストンまで約12時間50分、ワシントンDCまでで約12時間30分。
チップ
レストラン、タクシー、ホテルの宿泊(ベルマンやベッドメイキング)など、サービスを受けたときにチップを渡すのが慣習となっている。額は、特別なことを頼んだ場合や満足度によっても異なるが、以下の相場を参考に。
【レストラン】 合計金額の10~20%。サービス料が含まれている場合は、小銭程度をテーブルやトレーに残して席を立つ。
【タクシー】 運賃の10%。
【ホテル宿泊】 ベルマンは荷物の大きさや個数によって1個につき$1。荷物が多いときはやや多めに。ベッドメイキングは枕元などに$1。
水道の水をそのまま飲むこともできるが、ミネラルウォーターを購入するのが一般的。スーパーやコンビニなどで販売している。

ニューヨーク 近隣都市の格安航空券